高貴さ漂う紫色(パープル)の宝石10選|アメジスト、スギライト、チャロアイト、パープルダイヤモンドなど

紫色 宝石 パープル

国内外問わず、古くから高貴な色とされてきた紫色(パープル)。

濃くて深い色合いのものにはどことなくミステリアス神秘的イメージもあります。

が混ざり合ったような中間色であるため、装いスッと馴染んでくれ、使いやすい色合いの一つではないかと思います。

ということで、代表的な紫色の宝石10選についてご紹介していきたいと思います!

紫色の宝石について

紫色 宝石 パープル アメジスト アメシスト

画像:アメジスト(アメシスト)

冒頭でもお話した通り、古くから紫色(パープル)は、多くの国において、高貴な位の人を現す色として用いられることが多くありました。

紫色と一口に言っても濃さによって印象がかなり変わり濃い紫には少し神秘的で大人っぽい印象を、淡い紫には柔らかく優しい印象を受けます。

また宝石の場合透明度や宝石の個性によって雰囲気は異なります。

似たような色合いにバイオレットがありますが、主に赤味が強いものをパープル青味の強いものをバイオレットと呼び、分類されています。

ここでは、赤味の強いパープルの宝石を紫色の宝石としてご紹介したいと思います。

1.アメジスト(アメシスト)

アメシスト アメジスト 星桜カット ルース

紫色の宝石と聞いて、まず最初思い浮かべられる方が多いのがアメジスト(アメシスト)ではないでしょうか。

アメジストはクォーツ(水晶)の一種で紫色クォーツを指し、和名紫水晶といいます。

淡い紫から濃く深い紫まで色幅があります。

紫色が高貴な位を現す色とされていたことから、紫色のアメジストを好んで付ける王侯貴族も多かったと伝わっています。

例えば、ロシアエカテリーナ2世クレオパトラなどもその一人だったそうですよ。

また、キリスト教では「司教の石」と呼ばれ、司教がアメジストの指輪身につけることも多くありました。

アメジストという名前の由来は諸説あるといいますが、お酒に酔わないという意味のギリシャ語「amethystos」に由来するという説が有名です。

▽カラッツSTOREのアメジストはコチラ▽
アメジスト アメシスト ルース

2月の誕生石アメジスト!原石の形は?退色はするの?

2.スキャポライト

パープルスキャポライト 甲州貴石切子

落ち着いた紫色印象的な宝石、スキャポライト。

実はカラーレスイエローグレーピンクなど多くの色合いをもちます。

クォーツ屈折率が近いことから、色味が似ているものがアメジストシトリン間違えられることもあったといいます。

有色のスキャポライトには見る角度によって異なる色に見える多色性が強いものや、ブラックライトを当てるとネオンカラーを発色する蛍光性をもつものもあります。

また、光を当てると虹色に輝くものや蓄光性をもつもの、キャッツアイ効果を示すものなど種類も豊富で色々集めて見比べても楽しい宝石です。

▽カラッツSTOREのスキャポライトはコチラ▽
スキャポライト

宝石スキャポライト|色、種類、メイオナイトやマリアライトとの違いとは

3.パープルダイヤモンド

パープルダイヤモンド ルース

カラーレスの宝石という印象深いダイヤモンドですが、実は多くの色合いが存在し、パープルダイヤモンドもその一つです。

パープルダイヤモンドの発色要因定かではないようですが、結晶構造歪み生じた結果ではないかという見方が強いようです。

他の色味を帯びているものが多く、純粋なパープルダイヤモンドは産出量が非常に少ないといわれています。

パープルダイヤモンドは、ピンクダイヤモンドの産地としても有名なオーストラリアのアーガイル鉱山のほか、ロシアカナダなどで見つかっています。

ブルー味が強いものはヴァイオレットダイヤモンド(バイオレットダイヤモンド)に分類され、こちらも希少性が高い色合いです。

ピンクダイヤモンドとも異なる、どこか上品な印象を覚えるダイヤモンドです。

▽カラッツSTOREのカラーダイヤモンドはコチラ▽

4.パープルサファイア

パープルサファイア ルース

サファイアといえば青色のイメージ強いかもしれませんが、サファイアもまた、カラーバリエーションが豊富な宝石です。

サファイアはコランダムという鉱物の中で赤色以外を呈するものを指します。

では、赤色は、、というと、それはルビーと呼ばれます。

一般的に、ただ「サファイアと呼ぶ場合はブルーサファイアのことを指すことが多くそれ以外の色合いのものは、前に色名を付けて呼ばれます。

パープルサファイアには、淡い紫濃い紫まで色幅があり、青味が強いものはヴァイオレットサファイア(バイオレットサファイア)と呼ばれます。

一石の中に二色を呈するバイカラーサファイアの中にも紫色が入ったものもあり、ピンクブルーと合わさると、夜明け夕暮れを思わせるような情緒感あふれる雰囲気を醸し出し人気が高いです。

▽カラッツSTOREのサファイアはコチラ▽
ファンシーカラーサファイア ファンシーサファイア ルース

ファンシーカラーサファイアの魅力|ブルーだけがサファイアではない!?

5.パープルゾイサイト

パープルゾイサイト ルース

カラーバリエーションが豊富な宝石ゾイサイト。ゾイサイトの中にも紫色のものがあります。

正直ゾイサイトと聞いてもピンとこないという方も多いかもしれませんが、タンザナイトと聞くとどうでしょうか。

12月の誕生石に追加されたことでも話題となったタンザナイトは、ブルー~バイオレットを呈するゾイサイトのことを指します。

つまり、赤味が強いパープルゾイサイトになり、青味が強いタンザナイトになるというわけですね!

パープルゾイサイトもタンザナイトと同じように多色性強く見る角度によって異なる色合いが楽しめます。

一石の中に二色が入ったバイカラーゾイサイトもあり、タンザナイトカラーパープル一緒に見られるものも夕暮れのような美しさがあって魅力的です。

▽カラッツSTOREのゾイサイトはコチラ▽
タンザナイトルース

ゾイサイトってどんな宝石?タンザナイトとの違い、種類や特徴など

6.グレープガーネット

グレープガーネット ルース

1月の誕生石としても知られるガーネットは、赤い宝石というイメージが強いかもしれませんが、実はカラーバリエーションが豊富な宝石です。

実はガーネット一つの宝石指す名前ではなく同じ結晶構造をもつ等軸晶系鉱物グループ名です。

大きく分けると、アルマンディンパイロープスペサルティンアルミニウム系ガーネットと、グロッシュラーアンドラダイトウバロバイトカルシウム系ガーネット2つに分けられます。

ガーネットは複数種類混ざり合ってできる固溶体存在し、同じ系列同士混ざり合うことが多いといわれています。

固溶体ガーネットとして最も知られているものが、ロードライトガーネットです。

ロードライトガーネットは、アルミニウム系のアルマンディンガーネットパイロープガーネット固溶体で、ロードライトガーネットの中でパープル味が強いものをグレープガーネットと呼びます。

ブドウのように鮮やかでジューシーな色合いから人気が高く、ロードライトガーネットの中では価値高く扱われます。

ただ、グレープガーネットはコマーシャルネーム(流通名)のため、鑑別書上の宝石名はロードライトガーネットとなります。

▽カラッツSTOREのグレープガーネットはコチラ▽
ロードライトガーネット

ロードライトガーネットの魅力

7.チャロアイト

チャロアイト

ラベンダー色の地色に白色が混じったマーブル模様が美しい宝石、チャロアイト。

チャロアイトという名前は、発見地であるロシアのチャロ川由来して名付けられたといわれています。

チャロ」というのがロシア語で「魅惑する」という意味をもち、その意味も含んでいるのではないかという説もあるようですよ。

確かに色味といい、模様といい、どことなく魅惑的な雰囲気をもっている気がしますよね。

発見当初別の鉱物だと思われていたそうですが、1978年新種として認定されました。

宝石としてよりパワーストーンとして流通しているものが多い印象です。

チャロアイト ルース

マーブル模様の美しい宝石チャロアイト 「魅惑」という名をもつそのヒミツとは

8.スギライト

スギライト

スギライトも美しい紫色を呈する宝石です。

半透明~不透明で、色は他にピンクブラック褐色グレーなどが見つかっています。

前項のチャロアイトとどこか雰囲気が似ているものも多く、スギライトもパワーストーンとして流通しているものが多い印象です。

スギライトという名前の響き、なんとなく親しみを感じませんか?

実はスギライトは、日本人によって発見され、発見者である杉健一氏に因んで名付けられたといわれている鉱物です。

スギライトはカルセドニーペクトライトなど他の鉱物内包しながら形成されていくものも多く、様々な色特徴見られることも魅力です。

スギライト ジュエリー

発見者は日本人!?宝石スギライトの魅力

9.ラベンダー翡翠

ラベンダー翡翠 ルース

翡翠(ヒスイ)と聞くと、緑色の宝石という印象が強い方が多いかもしれませんが、実はオレンジレッドイエローなど、様々な色を呈します。

その中で薄い紫濃い紫のものをラベンダー翡翠と呼びます。

純粋な翡翠カラーレスホワイトなのだそうですが、微量元素含まれることで発色するといわれ、ラベンダー翡翠チタンを含むことで紫色を発色すると考えられています。

翡翠の中で緑色の次人気価値ともに高い種類です。

主に半透明不透明のものが多く、色が鮮やか透明度が高い価値が上がります。

翡翠は日本でも産出される宝石で、ラベンダー翡翠も新潟県糸魚川周辺見つかることがあるそうです。

▽カラッツSTOREの翡翠(ヒスイ)はコチラ▽
翡翠 ヒスイ ジェダイト ルース

宝石翡翠(ヒスイ)|ランク、選び方、ネフライトとの違いや見分け方など

10.ハックマナイト

ハックマナイト ルース

最後にご紹介するのは、ハックマナイトです。

ハックマナイトも紫系色合いをもつ宝石ですが、他にもカラーレスホワイトブルーグレーなどが見つかっています。

ハックマナイトで特筆すべきは、テネブレッセンス効果という性質をもつということ。

テネブレッセンス効果とは、紫外線当てる色が変化し、暫く色が戻らないという性質のことです。

紫外線を吸収し中に溜め込むため、このような現象が起こると考えられれており、紫外線から遠ざけ時間が経てば元に戻ります

地色淡い色合いのものも多いのですが、紫外線を吸収した後に鮮やかな紫色変化するものも多く、とても魅力の多い宝石です。

▽カラッツSTOREのハックマナイトはコチラ▽
ハックマナイト ルース

ハックマナイトは楽しい宝石!?紫外線で変化した色は戻る?

最後に

ハックマナイト ルース

画像:ハックマナイト

紫色の宝石と一口に言っても、その特徴印象さまざまです。

色々集めて見比べてみる違いがより分かり面白いかもしれませんね。

紫色は、冷静なブルー情熱的なレッド中間色心身のバランスを整える色といわれています。

昔から何となく紫色が好きだった私ですが、改めて紫色の宝石たちにどっぷり浸かってみたくなりました。

上品落ち着いた雰囲気のある紫色の宝石は凛とした大人っぽさもある気がします。

この記事を参考に、お気に入りの宝石が見つかる方が増えたら嬉しいです♪

その他の色合いの宝石についてはコチラ

カラッツ編集部 監修

▽参考書籍・参考サイト一覧▽

ABOUT US

初めまして!ジュエリーをこよなく愛しているアラフォー主婦です。 アメリカでジュエリーの勉強・資格取得後、14年間ジュエリー小売業にて勤務しておりました。今でもジュエリーへの熱い気持ちは変わっておりません。どうぞよろしくお願いいたします。