0.3カラットの婚約指輪の選び方|4つのチェックポイント

ダイヤモンドリング

0.3カラットの婚約指輪の選び方|4つのチェックポイント

結婚が決まったら、結婚式のことや新生活のことで、決めなければならないことがたくさん!

婚約指輪もそのうちのひとつですね。

一生に一度のことだから後悔はしたくないけど、どうやって決めればいいの?相場はどれぐらい?

実は、多くの人に選ばれるのが「0.3カラットダイヤモンドの婚約指輪」です。

「なぜ0.3カラットなの?」ということから選び方まで、ご紹介していきましょう。

一番多く選ばれるのが0.3カラット。それはなぜ?

婚約指輪選び
ダイヤモンドは、サイズも値段もピンからキリまで。どうやって選べばいいのでしょう?

「見栄えもして品質の良い物を…」と突き詰めていくと、だいたいの相場が見えてきます。

それが、0.3カラットのダイヤモンドの指輪。グレードによっても異なりますが、価格はおおよそ30万円が目安です。

実際ダイヤモンドの婚約指輪を購入する人の約6割が、0.3カラット前後(0.2~0.4カラット)の指輪を選んでいるというデータもあるようです。
※参考:婚約指輪完全バイブル

0.3カラットのダイヤモンドは直径約4.2㎜と、結婚指輪と重ね付けするのにも相性が良く、使いやすいということも選ばれる理由なのでしょうね。

婚約指輪を選ぶ4つのチェックポイント

ダイヤモンドリング
ダイヤモンドの大きさと予算が決まったとします。次に決め手となるのは何でしょう?

デザインで選びますか?

ダイヤモンドの品質を決める4Cのうちの、カラー、カット、クラリティのどれを優先しますか?

ひとつひとつ見てみましょう。

4Cについてくわしくはこちらを参考にしてくださいね。

①デザインを選ぶ

婚約指輪王道と言えば「ソリティア」と呼ばれるデザインです。

一粒のダイヤモンドを立て爪で留めた、流行りすたりのない指輪です。

次に「メレ」。メインのダイヤモンドの脇に、小さなメレダイヤをあしらったものです。

メレダイヤの配置やアームのデザインが多彩で、華やかな雰囲気になります。

ほかには、アーム部分をメレダイヤが一周している「エタニティ」などもあります。

エタニティは、終わりのない「永遠の愛」を象徴します。

②カラーを選ぶ

ダイヤモンドのカラー無色透明に近いほど高品質とされていて、Dカラー最高です。

カラーは次の通り階級分けされます。

Dカラー:完全に無色

E・Fカラー:無色

G~Jカラー:ほぼ無色

K~Mカラー:かすかな黄色

N~Rカラー:非常に薄い黄色

S~Zカラー:薄い黄色

Gカラー以下は、だんだんと黄みがかってくるので、良いカラーのダイヤモンドを選ぶなら、D~Fカラーがおすすめです。

③カットを選ぶ

ダイヤモンドの輝きに一番影響するのが、カットの良し悪しです。

カットが良ければ、多少カラークラリティが劣っていてもカバーすることができます。

どうせならカットの良いものを選びたいですね。

カットのグレードは、次の通りです。婚約指輪におすすめなのは、good以上のものです。

excellent(エクセレント):最高級

verygood(ベリーグッド):とても理想的

good(グッド):理想的

fair(フェアー):やや劣る

poor(プアー):劣る

④クラリティを選ぶ

クラリティとは透明度を示します。

無色透明なダイヤモンドにも、天然の証である内包物や傷があり、ダイヤモンドの輝きにも影響します。

10倍のルーペで見ても、なかなか内包物が見つけられない「VS1」以上のクラリティをおすすめします。

まとめ

結婚指輪
人気の0.3カラットの婚約指輪の選び方をお伝えしました。

婚約指輪を身につける時は、結婚指輪と重ね付けをすることが多いかもしれませんね。

重ね付けすることを想定して、婚約指輪と結婚指輪のセットで選ぶこともできます。

毎日身につける結婚指輪を決めるのは、また迷ってしまいそうですが…。そんな時は、次の記事も参考にしてみてくださいね。
▶︎結婚指輪はダイヤモンド入りが人気。その理由は?

カラッツ編集部 監修

ABOUT US

ジュエリー専門学校で、ジュエリーデザインとメイキングを学び、主にダイヤモンドジュエリーを扱うメーカーに就職。デザインと営業事務に携わりました。好きな石はダイヤモンド。趣味でアクセサリーを作っています。