ライバルに差をつける!一歩進んだレディースネックレス

ライバルに差をつける!一歩進んだレディースネックレス


レディースネックレスは、ワンランク上の女性としての魅力を漂わせた自分を演出できるアイテムです。
だからこそ自分らしさを大切にして、特にライバルより先を進んだネックレスを着けていたいですね。
そのためには知っておきたい”レディースネックレスを選ぶポイント”がありますので、今回はその選び方やつけ方をご紹介させていただきます。

レディースネックレスのチェーンの長さ


レディースネックレスのチェーンには、基本的には約35cmのチョーカー、約40~43cmのプリンセス、約53cmのマチネ、約71cmのオペラ、約107cmのロープという5種類の長さがあります。
これらを選ぶときのポイントとして、首の太さや長さ、身長など、全体的な見た目を鏡で確認しながら選ぶことが大切です。
例えば首の短さや太さが気になる人は、チェーンの長さが短めのものを選ぶとかえって気になる部分が目立ってしまいますので、鎖骨より約5cm下の長さからのネックレスを選ぶことをお勧めします。
そうすると綺麗なネックラインが出て美しく見えます。
反対に、首の細さや長さが気になる人は、首にぴったりフィットするチョーカータイプのネックレスがお勧めです。個性的な美しさを演出できるからです。
また、レディースネックレスにはわずかな長さでも自分で調節ができるスライドチェーンというタイプもありますが、45~50cmのチェーンタイプを選ぶと、いろいろなファッションに合わせられ、臨機応変に演出できて便利です。

レディースネックレスの種類


レディースネックレスには基本的にチェーン、連、ワイヤー、ドッグカラー、シャワー、ペンダント、オメガ、ラリエットの8つの種類がありますのでこれらを数種持ち、TPOに合わせて着け替えるとそれぞれのチェーンへの着けこなしが楽しめます。
また、一つの種類を常に着けておくこともそのネックレスへの愛着が出て、個性あふれるオシャレ感覚を生かすことができます。

一日中の着けたままが可能で常に美しく装っていられるレディースネックレス


地金を編み込んだタイプや輪、棒、ロープ、板のようにカットした地金を連続的につなげたチェーンタイプや、石や飾りがぶら下がったペンダントタイプがお勧めです。

自由感覚な自分らしいこだわりを演出しやすいレディースネックレス


真珠やサンゴなどの玉を連ねた連タイプや、地金や石をつないだ留め具の無いロープ状のラリエットタイプのネックレスがお勧めです。

華やかに自分を主張できて一味違ったオシャレが楽しめるレディースネックレス


洋服の襟をシンプルにして着けると、華やかな美しさが際立つデザインのチェーンタイプや、ビブネックレスとも呼ばれるよだれかけのように前広がりの型に作られた豪華なシャワータイプがお勧めです。

個性を主張したカッコよさや美しさを楽しめるレディースネックレス


犬の首輪のように首にフィットする幅広のチョーカー型のドッグネックタイプや、地金を細いワイヤーにしたワイヤータイプ、ωの形をした地金をつなげたワイヤータイプと同じような型のオメガタイプがお勧めです。

レディースネックレスの素材の選び方


レディースネックレスの素材には、変色の不安が少なく落ち着いた輝きが主張できる、プラチナか18金をお勧めします。
また純度についてはプラチナであればPT900か850が適切ですし、18金であればK18または750と表示されている地金が自信を持って着けられます。
理由としては、SV(銀)ですと、汗や汚れなどで変色しやすく黒ずみますので、ずっとネックレスを着けたままでいるのが不安になるためです。
K10やK14であればSVほどの変色はありませんが、銀や銅などと金との合金のためにK18に比べると黒ずみやすいです。
また、K24は純金のためK10やK14に比べると安心して着けることができますが、素材自体が柔らかすぎてもろいため、変形や壊れなどの不安があり自信を持って着けることは難しいと言えます。
そしてもし、何らかの原因で加工をすることがあれば、そのときに加熱が必要なこともあり変色は避けづらく、素材自体も硬いため加工は不適切です。
長い目で見て、良いレディースネックレスを選んで着ける場合には、変色や変形、地金の割れなどの不安はなるべく解消できる素材であることが大切なのです。

レディースネックレスの石の選び方


レディースネックレスに石が付いている場合には、ダイヤモンドか誕生石が使われているものがお勧めです。
ダイヤモンドの輝きは非常に美しく、年齢や服装を選びませんし、どのような場所でも見劣りしません。
そのため確実に自信を持ってそのネックレスを着けていられます。
誕生石には、「誕生石を身に着けると幸せを招く」という言い伝えがあるように、女性にとって誕生石のジュエリーを身に着けることは特別な意味があります。
中には硬度が柔らかい石もありますし、年齢や服装などダイヤモンドに比べると着けづらさを感じるものもあるかと思いますが、幸せを招きたいという想いで誕生石の付いたレディースネックレスを着けることで、誰よりも輝いた自分への自信につなげることができるかもしれません。


女性にとってネックレスを着けるということは、気持ちが華やぐことはもちろんですし、何かしらの特別感がありますね。
そのためにも、ライバルにも羨ましがられるような素敵なネックレスを選んで、着けることを楽しみましょう。

カラッツ編集部 監修

ABOUT US

KARATZの編集担当。 日々宝石の勉強をしながら知識を養っています。 好きな宝石はタンザナイトやターコイズといった青系の宝石とファイアが美しいジルコン、スフェーンなど。 宝石初心者の方からマニアの方まで多くの人に楽しんで読んでもらえるようなネタ探しにも励んでいます!