【有楽町マルイ】KARATZポップアップストア開催のお知らせ [6/14(金)~20(木)]

ジュエリーとは?アクセサリーとの違いや種類について

ジュエリー

皆さんはリング(指輪)やネックレスなどを購入しようと思った時「ジュエリーショップ」と「アクセサリーショップ」、明確に意識して検索していますか

同じような意味合いに思えますが、調べてみると少し違った意味をもつことが分かりました。

ジュエリーとアクセサリーの違いとジュエリーの種類についてご紹介いたします。

ジュエリーとは

サファイア ジュエリー

そもそもジュエリーとはどんなものを指すのでしょうか。

英語の「jewelry(米)/jewellery(英)」を日本語に訳すと「宝飾品」です。

一般社団法人日本ジュエリー協会の定義によると、

ジュエリー(宝飾品)とは、宝石と貴金属およびその合金を用いた装身具をいう。

出典元:https://jja.ne.jp/

とあります。

つまり、金、プラチナ、銀などの貴金属に宝石を留めて作られたものがジュエリーの定義ということですね。

確かにジュエリーと聞くと高級なものをイメージしますよね。

セッティングされている宝石にも依りますが、ジュエリーは大切に使えば長期間使うことができるという印象もあります。

例えば、ダイヤモンドやルビー、サファイアのように硬度や靭性の高い宝石と、ある程度純度の高い貴金属が使われているものであれば、正しく丁寧に扱えば、経年劣化することも少ないです。

もしデザインが古く使いづらくなってしまったら、リフォーム(リモデル)して新しいジュエリーに生まれ変わらせることもできますので、何世代にも渡り受け継いでいくことも可能です。

実際、過去に販売員の仕事をしていた時、お客さまがお持ちの古いジュエリーを見る機会も多かったのですが、素材が良いジュエリーはどんなに古くてもメンテナンスをすれば美しさを取り戻すことができ、長く愛用されている方も多かったですよ。

アクセサリーとは

コスチュームジュエリー アクセサリー

一方のアクセサリーはどんなものを定義するのでしょうか。

日本では、ジュエリーと同じような意味合いで使われることも多いですが、こちらも調べてみると、

装飾品。衣服を引き立てるための装身具の類。ブローチやネックレスなど

出典元:goo辞書より

とされていることが多く、ジュエリーのように素材は限定していないことが分かりました。

例えば革、ガラス、木材、イミテーションなど貴金属以外の素材を使ったものはアクセサリーに該当する、ということですね。

個人的なイメージですと、ジュエリーは品質の高い宝石とある程度純度の高い貴金属を組み合わせて作られているもので、アクセサリーはそれ以外の比較的安価なもの、という印象があります。

たとえ宝石を使っていてもパワーストーンのブレスレットなどはアクセサリーに分類されるイメージですね。

ちなみに、「アクセサリー」は英語の「accessory」、フランス語の「accessoire」からきているそうですが、英語や仏語では、日本より広範囲のもの、例えば靴やバッグ、ベルトといった衣服につける装飾品全般に使われます

試しに、ファッションブランドのホームページをチェックしてみたら、サングラス、ベルト、フレグランス、マフラーなど幅広いアイテムがアクセサリーの項目に載っていました。

そのほか、自動車や機械の付属品などにも使われ、例えば、「car accessory(カーアクセサリー)」というと、「自動車用の小物」や「自動車の付属品」「自動車部品」などを指します。

ジュエリーとアクセサリーの違いは?

指輪

ご紹介したとおり、ジュエリーとアクセサリーの違いは、日本では、「使われている素材の違い」というところが一番大きいようです

金、プラチナ、銀といった希少性の高い貴金属や宝石を使った宝飾品➾ジュエリー
貴金属以外の素材が使われた装飾品➾アクセサリー

というのが一番分かりやすい定義なのかもしれませんね。

ただ、海外では、もう少し意味合いが変わります。

先にもご紹介したとおり、英語やフランス語ではアクセサリーはもっと広義に使われます。

指輪やネックレスのような身につけるものには、「jewelry(米)/jewellery(英)(ジュエリー)」を使うことが多く、「accessory」の一部に、「jewelry(米)/jewellery(英)(ジュエリー)」がある感じなのだそうですよ。

ハイジュエリー、ファインジュエリー、コスチュームジュエリー、ファッションジュエリーはどう違う?

海外の有名ブランドのサイトなどで「ファインジュエリー(Fine jewelry)」や「ハイジュエリー(High jewelry)」という言葉を目にしたことがある方もいるかと思います。

また、「コスチュームジュエリー(Costume Jewelry)」や「ファッションジュエリー(Fashion Jewelry)」などと呼ばれるものもありますが、これの違いについてはご存知でしょうか。

まず、「ファインジュエリー(Fine jewelry)」とは、貴金属と宝石を用いて作られた宝飾品を指します。

日本でいう「ジュエリー」と同じような意味合いですが、K18(18金)など純度の高い貴金属を使ってあるものだけを指す場合もあるようです。

「ハイジュエリー(High jewelry)」は、「ファインジュエリー(Fine jewelry)」よりも更に高品質の素材で、高い技術と時間を掛けて作ったジュエリーを指します。

例えば、最高品質のダイヤモンドやサファイア、ルビー、エメラルドなどを惜しみなく使って作った、ゴージャスで最高級のジュエリーといったイメージですね。

それに対し、「コスチュームジュエリー(Costume Jewelry)」や「ファッションジュエリー(Fashion Jewelry)」は、素材に制限なく作られた装飾品に対し用いられます

日本でいう「アクセサリー」に近い感じですが、「コスチュームジュエリー(Costume Jewelry)」は元々舞台や映画などで使う衣装(Costume)からきており、ガラスや人造石などのイミテーションを用い、デザイン性やファッション性を重視して作られたものという定義もあるそうですよ。

ジュエリーの種類

ジュエリー

ジュエリーとアクセサリーの違いがわかったところで、ジュエリーの種類についてみていきましょう。

ジュエリーの種類はどんなものがあるでしょうか。

ここでは男女問わず親しまれる定番のリング、ネックレス、イヤリング・ピアス、ブレスレットとアンクレットについて、詳しく解説していきます

リング(指輪)

タンザナイト 指輪 リング

指にはめて楽しむリング(指輪)は代表的なジュエリーの一つです。

ファッションで楽しむものから、婚約指輪や結婚指輪のような慣例的なものまであります

初めて身につけたジュエリーが婚約指輪や結婚指輪だったという方も多いと聞きますよ。

特に男性は結婚指輪以外付けないという方も多いですよね。

どちらも左手薬指につけるのが一般的ですが、なぜ左手薬指なのかは諸説あります。

ファッションでは親指につけるサムリング、小指につけるピンキーリングなど、薬指以外につけるリングも人気です

同じデザインでもはめる指によって手の印象が変わるので、選ぶ時はいろんな指にはめてみると楽しいですよ。

他にも一本の指に重ねてつける重ね付けも人気があります。

細いリングを重ねてボリュームを出したり、ダイヤモンドの一粒リングと重ねたりすると華やかになって素敵です。

ネックレス

オパール ネックレス

ネックレスは首につけるジュエリーの総称です。

パールが連なったネックレスは冠婚葬祭の場でもよく見かけますね。

チェーンだけのものやペンダントトップのついているものなどもネックレスに分類されます。

ファッションとしてだけでなくお守りとして身に付けるという方もいます

以前、宝石の集積地として有名なタイを訪問した時、家族からもらったお守りのネックレスを身につけている方が沢山いらっしゃいました。

一般的に多いのは「プリンセス」と呼ばれる40cm〜45cmのもので、ちょうど鎖骨の中心あたりにくるようになっています。

自分でちょうど良い長さに調節できるようにアジャスターがついているものもありますね。

そのほか、チョーカー(40cm以下)、マチネ(約50-60cm)、オペラ(約70-80cm)、ロープ(約100cm以上)などがあります。

イヤリング・ピアス

アイスブルーダイヤモンド 真珠 ピアス

イヤリングやピアスのような耳を飾るジュエリーは紀元前から親しまれています。

イヤリングは耳にそのままつけることができ、ピアスは耳にピアスホールを開けてそこに通してつけます。

イヤリングはネジで耳たぶの厚さに合わせて留め具を調節するネジ式と、挟んで留めるクリップ型があります。

ジュエリーの専門学校生時代、講師の方から教えて頂いたのですが、イヤリングはキャッチ部分に重みがあるものが多く、ボリュームのあるデザインでも耳たぶが上を向いてイヤリングに光がよくあたり美しく見えるように作ってあるそうですよ。

私は普段ピアスをしていますが、重いデザインのものは敢えてイヤリングを選ぶこともあります。

ピアスは耳たぶにピッタリと付くスタッドピアス、吊り下がり揺れるドロップタイプ、チェーン状になっているアメリカンタイプ、輪っかになったフープタイプなどがあります。

ピアスはデザインが豊富で、色んなパターンの中から選ぶことができるのも楽しみの一つです。

ピアスホールに通して留めているのでイヤリングよりは落ちにくく、耳に幾つもつけて楽しむ人もいらっしゃいますね。

最近は耳に引っ掛けて使うイヤーカフも男女ともに人気があります。

自分の顔の形や髪型にあったピアスの選び方は下記記事で

ピアスの大きさや形で違う!?顔型・髪型別、似合うピアスとは

ブレスレット

ターコイズ ブレスレット

腕につけるジュエリーで、ブレスレットとバングルの2種類があります。

この2つの違いは留め金が付いているかどうかで、付いているものをブレスレット、付いていないものをバングルと呼びます。

ブレスレットはチェーン状になっているものが主流で、手首にしなやかに馴染みます

着けやすく落ちにくいようにセーフティーがついているものもあります。

ダイヤモンドを全周にセッティングしたテニスブレスレットと呼ばれるものも華やかで素敵ですよ。

一般的な全長は女性で約16cm〜18cm、男性で21cm位といわれています。

バングルは腕輪のことで、輪っか状になっていたり馬蹄のような形で手首に通して使います

ブレスレットと違い形が固定されていますが、つけ外しがしやすいのが特徴です。

アンクレット

アンクレット

足首につけるブレスレットのようなジュエリーのことです。

特に足元を出す機会の増える夏につける方が多いですね。

長さはブレスレットよりも長く22cm位です。

個人的には子育て中の方にもオススメのアイテムです。

アンクレットは小さいお子さんがいても引っ張られたり汚してしまう心配が少なく、他のジュエリーよりも比較的安心して楽しめるからです。

私も子供が生まれる前からずっとつけているアンクレットがあり、とても気に入っています。

最後に

ジュエリー 女性

ジュエリーとアクセサリーの違い、そしてアイテムについてご紹介しました。

宝石や貴金属を使っているものをジュエリー、それ以外の素材で作られているものをアクセサリーと呼びます。

同じような意味だと思っていても、調べてみると意外に違っていることが分かりました。

ジュエリーはいろんなアイテムを組み合わせてコーディネートしていくのが楽しいですよね。

お店に行くといろんな種類のアイテムがたくさん揃っていて、煌びやかな店内を見るだけでもワクワクします。

私も一つリングを買うとそれに合わせてネックレス、ピアス・・・とついつい揃えようと頑張ってしまいます。

人生は楽しんだもの勝ちだと言いますし、皆さんもぜひ色んなジュエリーにチャレンジしてはいかがでしょうか。

カラッツ編集部 監修

ABOUT US

宝石に魅了され、JBS宝石・ジュエリー鑑別鑑定士の資格をとったのち、神戸のジュエリー卸会社に入社。その後ジュエリーコーティネーター2級、ジュエリーリモデルカウンセラー2級を取得。少しでも多くの方に宝石の楽しさ、ジュエリーの素晴らしさを感じていただけたら嬉しいです。