大人感溢れる黒い宝石たちの魅力|ブラックダイヤモンド、ジェット、オニキスなど

ブラックダイヤモンド ルース

宝石と聞くと、レッドやブルー、グリーンなど鮮やかな色を思い浮かべる方も多いかもしれません。

確かに透明感のある鮮やかな色合いも宝石の魅力の1つといえると思います。

しかし、色鮮やかなだけが宝石の魅力ではないと思います。

ブラックダイヤモンドやジェット、オニキスなど、漆黒の美しさをもつ宝石も多くあり、色鮮やかな宝石とはまた異なる魅力を放ちます。

そこで今回は、実は個性豊かなものも多い、ブラック系の宝石についてご紹介していきたいと思います。

ブラック系の宝石について

他の色と一線を画す色合いであるブラック。

透明度が低いことからも、透明度の高い鮮やかな宝石たちと印象が大きく異なります

しかし、色合いが暗いからと言って目立たないということはなく、ジュエリーとして肌に合わせると、上品でシックなイメージと強い存在感を放ってくれます。

また、ブラックという色は人を選びにくいため、老若男女問わず付けやすい宝石ではないかと思います。

では早速、こちらでピックアップしたブラック系の宝石たち10選ご紹介していきましょう!

ブラックダイヤモンド

ブラックダイヤモンド ルース

カラーレスだけではなく、実はレッドピンクブルーグリーンイエローなど様々な色合いをもつダイヤモンド。

黒色のダイヤモンドもあり、ブラックダイヤモンドと呼ばれます。

ブラックダイヤモンドは、主にグラファイト(黒鉛)やヘマタイトなどの微粒子インクルージョン人工処理により発色すると考えられています。

ただ、照射処理を施されたブラックダイヤモンドはブラックではなく濃くて深いグリーンであることが多いようです。

表面反射が強く、煌めきのあるブラックダイヤモンドは、カラーレスのダイヤモンドとはまた違った魅力をもっています。

カラーレスのダイヤモンドと組み合わせると、色のコントラストお互いを引き立たせる素敵なジュエリーに仕上がるものも多いといいます。

男女問わず人気のある宝石の一つです。

ブラックオパール

ブラックオパール ルース

ブラックグレーブルーなどの地色に遊色効果を示す宝石がブラックオパールです。

ブラックオパール最大の魅力は、何といっても、ダークな地色に浮かび上がる色鮮やかな遊色効果ではないでしょうか。

この遊色効果がどのように出るかによってオパールの価値が変わってきます

色で最も価値が高いとされるのはレッドで、次いでオレンジグリーンブルーなどが評価が高いといわれています。

また、遊色の出方(パターン)でも価値は異なり、最も希少価値高く扱われるのはハーレクインと呼ばれるものです。

ブラックオパールのもつ神秘的な魅力に加え、遊色の色パターンは個体によって様々で個性が豊かなことから、コレクター泣かせの宝石といえるかもしれません。

ブラックオパール

ブラックオパール!魅惑的なその宝石が選ばれる3つの理由とは

ブラックスターサファイア

ブラックスターサファイア ルース

サファイアもダイヤモンドと同様に、様々な色があります

ブラックスターサファイアは、ブラックの地色の中にスター効果を示すものです。

スター効果とはアステリズムとも呼ばれ、カボションカットを施された石の上部から光を当てると、まるでのような光の線が現れる現象を指します。

通常は6条の線を見せますが、12条の線を見せるものも稀にあるそうです。

他の色合いのスターサファイアの場合、一般的に針状のルチルをインクルージョンに含むことでスターを現すと考えられていますが、ブラックスターサファイアの場合はヘマタイトをインクルージョンに含むことで現すといわれます。

ヘマタイトインクルージョンを含むブラックスターサファイアのスターはメタリックなゴールドの輝きを放ち、まさに、暗い夜空に光るスターの如き美しさです。

魅惑の黒い宝石。ブラックスターサファイアの謎に迫る!

モリオン

モリオン ルース

漆黒のツヤがとても美しいモリオン。

モリオンはクォーツの一種で、光を通さず透けない黒水晶を指します。

モリオンは同じクォーツの仲間であるスモーキークォーツやカンゴームと色合いが似ています。

3つの違いは、ブラックで光を通さないのがモリオンわずかに光を通しブラウン味があるのがカンゴーム、そして光を通しくすんだ褐色をしているのがスモーキークォーツです。

スモーキークォーツはモリオンの成長過程と考えられており、モリオンと呼ばれるには相当の年月を要するということです。

モリオンは、スモーキークォーツに比べ、希少性が高く流通量も少ないといわれています。

クリスタル

偽物!?モリオンとスモーキークォーツの特徴と見分け方

オブシディアン

オブシディアン

オブシディアンは火山活動により生成される天然のガラスで、和名は黒耀石(こくようせき)です。

衝撃に弱く容易に割れ割れ目が貝殻のように鋭いことから、石器時代にはナイフや矢尻といった武器へ加工されることが多かったといわれています。

烏石(からすいし)や漆石(うるしいし)と呼ばれることもあるといいます。

艷やかなブラックが美しい宝石ですが、グレーや稀にレッドグリーンブラウンブルーなどが産出されることもあるそうです。

キリリと引き締まった印象のオブシディアンはメンズジュエリーとしても活躍しそうですね。

オブシディアン ルース

黒曜石オブシディアン|特徴、種類、歴史、人工石の有無など

ショールトルマリン

ショールトルマリン ブラックトルマリン ルース

ショールトルマリンは、その名前のとおり、トルマリンの一種で、透明感のない漆黒の色合いをもつ宝石です。

ブラックトルマリンと呼ばれることもありますね。

ショールトルマリンはを多く含むことから発色すると考えられ、和名は鉄電気石です。

トルマリンの種類の中では最も産出量が多いといわれていますが、宝石として出回ることは少ない印象です。

別の鉱物インクルージョンとして含まれるものも多く、トルマリンインクォーツなどとしても知られています。

また、トルマリンは全般的にマイナスイオンを発生するとして、健康器具などに用いられることもあるそうですよ。

ジェット

ジェット ルース

ジェットは樹木が化石化して固まってできた有機質の宝石です。

海底などで長い年月をかけて炭化し、その後化石化したと考えられています。

イギリスでは、モーニングジュエリー(喪の宝石)としても知られています。

これは、昔ヴィクトリア女王が、夫であるアルバート王子が亡くなられた後喪に服すためにジェットを身につけていたことから広まったものです。

ジェットはとても軽くジュエリーとしても楽しめますが、モース硬度が低く傷つきやすい宝石でもあります。

取り扱う際は、強い衝撃を加えないよう注意して下さいね。

また、化学物質などにも弱いという性質ももちますので、日常的にお手入れをしてあげると長くキレイを保ちやすいと思います。

ジェット ルース

漆黒の魅力宝石ジェットについて

オニキス

オニキス

墨のような真っ黒なイメージの強いオニキス。

多結晶のクォーツであるカルセドニーの一種です。

メンズジュエリーとしてもよく見かけますね。

実は、オニキスはその縞模様爪で引っかいた傷痕に似ていたことから、ギリシャ語のという意味の「オニュクス(Onyx)」を語源とし名付けられたといわれています。

そのため縞がない黒一色のものは、本来であればオニキスとは呼べないそうです。

しかし実際は、黒一色のブラックカルセドニーオニキスとして多く出回り一般化しているため、どちらもオニキスと呼ぶというのが通説になっています。

なお、現在市場に出回っているオニキスやブラックカルセドニーの多く着色処理が施されているといわれています。

オニキス

縞がなければオニキスじゃない!?実は複雑な事情をもつオニキスの世界

ブラックスピネル

ブラックスピネル

ブラックスピネルは、その名前の通りスピネルの一種です。

硬度は7.5 – 8.0で、日常的なジュエリーとして楽しむことも十分可能です。

スピネルは、ブラックの他にレッドブルーグレーオレンジピンクなど様々な色合いをもつ宝石です。

コランダム同じ鉱床で採れることもあり、かつてはサファイアルビー混同されることも多かったといわれています。

ブラックスピネルは、ファセットカットを施されると艷やかで強い輝きを放ちます。

メンズジュエリーの素材としても人気が高いですね。

ブラックパール

ブラックパール

可憐で華やかな雰囲気を持つパール。

パールは、ホワイトクリームピンクゴールドなど、様々な色合いのものがあり、黒いものがブラックパールです。

ブラックパールは主に黒蝶貝と呼ばれる貝から生まれます。

主に養殖で作られるといわれ、タヒチ周辺が有名な産地です。

ブラックパールはパール独特の光沢の中に干渉色としてグリーングレーパープルなどの色味が見られ、重厚感のある輝きを楽しむことができます。

ブラックパールの中でも、グリーンをベース赤みがかった反射をもつピーコックグリーンが最も評価が高く、人気もあります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

宝石の中でも、キリッとシャープでクールな雰囲気が楽しめるブラック系の宝石についてご紹介しました。

ブラックと言っても、一言では言い表せないほど、色合いや輝きが様々で、宝石ごとに違った魅力があります。

他にも、ブラックムーンストーンセレンディバイトなど色々あります。

いつもと違った自分を演出したいとき、ブラック系の宝石にチャレンジしてみるのも良いと思います☆

カラッツ編集部 監修