縞がなければオニキスじゃない!実はみんなが勘違いしている「本当のオニキス」とは

オニキス

真っ黒でツヤツヤ。まるでオセロの黒い部分のような宝石がオニキス。

あなたは、オニキスをそう思っていませんか?

そう、実は私も、このブログを書くまでは、そう思っていました!

オニキス=真っ黒

チッチッチ!実は、皆さん、これは大間違い

本当のオニキスは

縞模様がなければオニキスじゃない!

のです。さっそく詳しくご紹介しましょう。

そもそもオニキスとは

一見プラスチック?と思えなくもない真っ黒なオニキス。

もちろんプラスチックではありません。

オニキスの鉱物名は「石英」

宝石としては、「カルセドニー」の仲間です。日本名は「縞めのう」といいます。

縞めのうには、白と赤の縞模様を持つもの(カーネリアンオニキス)や白と茶色の縞模様(サードオニクス)などがあります。

飯田孝一氏の著書「天然石のエンサイクロペディア」(玄辰社)によると、

「オニクス(オニキス)とは«白い縞»を指して言った名前。元来はギリシア人が宝石の縞目のことを「オナックスonux」と呼んだことに端を発する。」

とあり、続いて、

オニクス(オニキス)の本質はアゲート(縞めのう)で、狭義では明瞭な白色の縞目を持つアゲートの亜種をいう。」

と書かれています。

例えばこんなのや

SMITHSONIAN・宝石と鉱物の大図鑑より抜粋

こんな石です。

どちらも白い縞がありますよね。

要するに、そもそもオニキスとは

白い縞があるカルセドニーのことをいうのです!

そして中でも白と黒の縞模様のある石が、

本来なら「オニキス」

なのです。

じゃあ黒いオニキスは何だったの?

縞がなければオニキスじゃない!

じゃあ、あの真っ黒なオニキスは何なの?

当然そうなりますよね。

今まで、当たり前に「オニキス」だと思っていた、あの黒い宝石は、

「ブラックカルセドニー」

という名前が正しい名称です。縞がない黒いめのうのことですね。

しかしSMITHSONIAN・宝石と鉱物の大図鑑によると、

「オニキス」という名称は正確には黒と白の縞模様の石だけを指すが、非公式にはすべての種類に使われている。

と記載されています。もはやオニキスといえば黒、というイメージが定着しているので、宝石鑑別機関の教科書にも、

「黒色で縞目を示さない素材も宝飾取引においてはオニックス(オニキス)と称される。」

と書かれています。例え間違っていたとしても、市場での名前が定着してしまっているので、業界としても

「縞がなくてもオニキスと呼ぶことを認めよう」

という認識になっているようですね。

オニキスとブラックカルセドニーの特徴


オニキスって本当に奥の深い、複雑な事情のある宝石だったんですね。

では、オニキスの真実が分かったところで、本来のオニキスとブラックカルセドニーの基本情報についてまとめてみましたのでお伝えしますね。

産地

オニキス

ブラジル、ドイツ、インド、中国、日本 など

ブラックカルセドニー

カルセドニーは世界中で産出されますが、ブラックカルセドニーの産地としては、アメリカ、ペルー、モロッコなどが有名です。

名前の意味

オニキス

前述していますが改めて。
オニキスは「オニクス」「オニックス」とも呼ばれます。ギリシャ語の縞「オナックス onux」が名前の由来です。

ブラックカルセドニー

カルセドニーの名前の由来は、良質な原石を産出したギリシャのカルセドン(Chalcedon)から来ています。

特徴として知っておきたいのが、一般的に市場に出回っているオニキスやブラックカルセドニーのほとんどは着色されているということ。

オニキスと呼ばれるブラックカルセドニーのほとんどは処理された灰色カルセドニーです。

灰色のカルセドニーを砂糖溶液中で煮沸し、その後濃硫酸処理をすることで、微小な炭素の粒がカルセドニー表面の空孔に沈着して、あのような黒くてツヤツヤの「オニキス」が出来上がります。

最後に

知っているようで知らなかったオニキスの真実。

オニキスの石言葉は、「手中にある成功」。8月の誕生石の1つに選ばれています。艷やかなブラックカラーは見るからにスタイリッシュで、クールなイメージがありますよね。

鉱物学者のジョージ・フレデリック・クンツ博士は、

「首につけたオニキスは、愛の熱を冷ますといわれている」

と語っていたとか。
恋人にプレゼントするときは、ネックレス以外がオススメのようですね?

カラッツ編集部 監修