5000万円のアンモライト!?価値の有るアンモライトの見分け方

アンモライト1

5000万円のアンモライト!?価値の有るアンモライトの見分け方

虹色の発色を見せる美しいアンモライト。この不思議な宝石は、どのようにしてできるのでしょうか?

アンモライトの価値は?5000万円相当のアンモライトが存在するって本当?

こちらでは、宝石のみならず鉱物や化石コレクターにも人気の高い、アンモライトについてお伝えしていきます。

アンモライトとは

アンモライト2

アンモライトの性質

結晶系斜方晶系
化学組成カルシウムの炭酸塩
硬度4.5-5.5
比重2.60-2.85
屈折率1.52-1.68
複屈折率0.135-0.145
光沢ガラス状

アンモライトの特徴

アンモライトは地球上の生物から生成される宝石です。石の表面からはオパールやラブラドライトのような、虹色の遊色効果を放つのが特徴的です。

産地

産出が報告されているのはカナダとアメリカに渡るロッキー山脈。
カナダでは、アンモライトをアルバータ州の州石としています。

宝石として認められたのは1981年で、アルバータのコーライト鉱山会社ではアンモライトを「コーライト」と呼び、企業の商標にしています。

アンモライトの価値

美しい遊色効果を見せるアンモライトですが、石によって色の出具合もさまざまです。

アンモライトの価値を決める基準は、以下のようになります。

  • どの角度から見ても明るい色であること。
  • 3色以上の遊色効果を見せること
  • 赤と緑が出ている。
  • さらに青、紫、金に深紅があると、希少性が上がる。

なんでも鑑定団で200万円!

人気テレビ番組「なんでも鑑定団」では、2つのアンモライトを200万円で落札したというエピソードが紹介されています。鉱物や化石コレクターにも人気が高いことが理解できますね。

※参考
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20180904/02.html

アンモライトの 見分け方

アンモライト3

アンモライトは遊色効果を発色しますが、ほかにも同じような効果を呈する宝石が存在します。
では、それぞれの違いを簡単にご説明いたしましょう。

オパール

石全体に遊色効果が広がり色の種類も多い。ブラックオパールはアンモライトに似ていますが、オパールの方が高価です。

ラブラドライト

遊色効果(シラー)を一定の方向で発色します。

ムーンストーン

月光のように見える青や白色の「シラー」を見せます。

アンモライト

地中の奥深くで採掘されたものはスムースな表面をしています。長年の成長の間で、気候の影響や圧力などにより、市松模様に似たひび割れを持つものや、地形の痕を残しているものなどがあります。

アンモライトの遊色効果は他の宝石と異なります。どうしても自分では分からない…という場合は、鑑定してもらいましょう♪

アンモライトとアンモナイトの違い

アンモナイト

宝石のアンモライトは、恐竜とともに絶滅したと言われる生物「アンモナイト」の化石の殻の成分からできています。

アンモナイトは北部アメリカのロッキー山脈近くの海に生息していました。後に海退が起こるとともに堆積し、地中にある成分の影響で色を呈するようになりました。

アンモライトは薄くてひび割れしやすいのですが、化石の「アンモナイト」そのままの形状で発見されることもあります。

化石「アンモナイト」が外部からの影響を受け、表面に虹色を呈すると「アンモライト」という宝石になる、というのがこのふたつの違いです。

カナダで5600万円のアンモライトが泥棒被害に!


出典元:https://www.theglobeandmail.com/news/

2013年12月、カナダのバンクーバーにある鉱物専門店「ロックス・アンド・ジェム」のフロントガラスが破られ、50万ドル(約5600万円)のアンモライトが盗まれてしまいました。

およそ28㎝の長さという大きなアンモライトは、ヘルメットのような形状で、美しいイリデッセンスを発色。カナダの国宝級品質だったそうです。

盗まれたアンモライトは、長年ディスプレイされていましたが、中々買い手が見つからないまま。防犯対策は万全でしたが、犯人はほかの商品には手を付けず、アンモライトだけを狙って盗み出したのだそうです。

国宝級のアンモライトは、ホープダイヤモンドに同等するほどの希少価値があるという噂も。現在も所在不明で、警察による必死の追跡が行われているそうです。

まとめ

アンモライト4

今回はアンモライトについての話をお伝えしました。

はるか遠い恐竜時代に生きていたアンモナイト。長い年月を経て化石となり、さらに美しい虹色の輝きを呈するようになったのが、アンモライトです。

まさに地球の歴史とともに地中深くで化石として残されていた、この世の宝物といえますよね。

カラッツ編集部 監修