オパールは日本でも採れる?オパールの産地別特徴、価値、原石の形とは

オパール

10月の誕生石の一つとしても知られるオパールは、種類が多くバラエティに富んだ宝石です。

かつて私はオパールと言えばホワイトオパールブラックオパール位だと思っていました。

ところが、オパールについて調べるほどに、その奥深さ種類の多さを知り、心底驚いたものです。

なんと、日本でも採れるそうですよ!

一体何処で採れるのか気になりますよね。

全ての宝石の色をもつともいわれ、古くから一線を画す存在だったオパールの産地別特徴価値原石の形などについてお話しましょう。

オパールとは?

オパール

オパールは、和名を蛋白石(たんぱくせき)といいます。

卵白ような乳白色のものが多いことからそう名付けられたと伝わります。

オパールは内部に水分を含んでいます。

水分の割合は、通常は5~10%、最大で20%といわれています。

それからオパールの最大の魅力は、何といっても虹色に輝く遊色効果でしょう。

しかし、全てのオパールに遊色効果がある訳ではありませんピンクオパールハイアライトオパールのように遊色効果を示さない種類もあります。

遊色効果を示すものはプレシャスオパール、示さないものはコモンオパールと大きく二つに分類されています。

オパール ルース

宝石オパール。価値基準、お手入れ方法、偽物の種類や特徴などアレコレ教えます!

オパールの主な産地

画像:オーストラリア クーバー・ペディ

オパールは、19世紀末まではスロバキアが主な産地だったと伝わります。

現在、オパールの産地としてよく知られているのは、産出量が最も多いオーストラリアでしょう。

また、メキシコエチオピアブラジルなども、オパールの重要な産出国です。

他にもアメリカペルーホンジュラスチェコトルコインドネシアマダガスカルタンザニアでも産出され、そして前述の通り日本でも見つかっています。

産地別特徴

実に様々な種類があるオパール。

全部オパールなの?と驚くくらいバラエティに富んでいます。

そしてオパールは、産地によって種類が異なることが多いそうですよ。

先ほども触れた通り、オパールの産出国世界中に散らばっている印象があります。

それぞれので採れるオパールにはどんな特徴があるのか、気になりますよね。

オパールの主な産出国であるオーストラリア、メキシコ、エチオピアに的を絞り、それぞれの国で採れる特徴的なオパールについて見てみましょう。

オーストラリア

オーストラリアのオパールは、荒涼とした大地に降る地下に染み込み、長い長い年月をかけて生成されたものです。

オーストラリアでオパールが最初に発見されたのは1870年、中央部のニューサウスウェールズだったといわれています。

それ以来オーストラリアは良質なオパールの産出国として有名になり、オパールが国石にも選ばれています。

世界のオパールの9割オーストラリア産である、といわれる程。

オーストラリアでは、ホワイトオパールブラックオパールボルダーオパールなどが産出されています。

オーストラリアに数あるオパール産地の中から、代表的な3カ所をご紹介しましょう。

ライトニング・リッジ

世界のブラックオパールの中心地」とも呼ばれているのが、ニューサウスウェールズ州ライトニング・リッジという小さな町です。

ここはめったに雨が降らない荒涼な土地ですが、最高品質ブラックオパールが産出されることで知られています。

ライトニング・リッジのブラックオパールが初めて世に出たのは1903年のこと。

それまでは、誰もブラックオパールの価値の高さを認識していなかったのだそうですよ。

ライトニング・リッジでは、粘土岩粘土質砂岩層泥が堆積したシルト岩白亜紀初期の地層などでオパールが育まれています。

砂岩粘土岩が接する地層の、境界近く生成することが多いのだそうです。

ブラックオパール

ブラックオパール!魅惑的なその宝石が選ばれる3つの理由とは

地下都市クーパー・ペディ

南オーストラリア州に位置するクーパー・ぺディでは美しいホワイトオパールなどが産出されます。

オパールの都」とも呼ばれているこの地には、オパールの坑道を利用して作られた、巨大な地下都市が拡がっているのです。

地上の気温は季節によって0℃から50℃近くまでと激しく過酷ですが、地下は気温24℃前後で安定しており、快適に暮らせるのだそう。

地下都市には住居はもちろん、教会ホテル博物館公共施設なども作られています。

クーパー・ペディのオパール産出量はすでにピークを過ぎたという話もあるようですが、それでも一説によれば、現在でも全世界のオパールの67割占めるともいわれているそうです。

クイーンズランド

クイーンズランドには 、世界でここだけでしか採れないといわれるボルダーオパールの産地があります。

ボルダーオパールとは、鉄鉱石隙間などに帯状生成されたオパールのこと。

母岩と一緒に切り出されて研磨されたボルダーオパールは、遊色効果を示すオパール部分母岩とのコントラストが際立っており、とても個性的な魅力を放っています。

母岩の出現の仕方は様々で、表面で模様を作ったり、裏側でオパールを支えていたりしています。

ボルダーオパールには様々な流通名があり、母岩オパールが織りなすデザインの不思議で多様な美しさを物語っています

ボルダーオパール オブジェ

ボルダーオパールの個性的な魅力を徹底解説!

メキシコ

メキシコのオパールアンデス文明と深いつながりがあり、装身具などに用いられてきた歴史があります。

この国では、ファイアオパールウォーターオパールカンテラオパールなどが産出されています。

メキシコオパールの主要な産地はハリスコ州で、上質なものの多くはそこで採れるといわれています。

ケレタロ州は、イエローやオレンジ、レッドなどのファイアオパールが採れることで知られています。

火山岩の一種である流紋岩の中で形成されているメキシコのファイアオパールは、地色が美しく透明度の高いものや、遊色効果のあるものも産出しています。

ウォーターオパール水のように透明なうえ遊色効果も見られ、幻想的な美しさを誇っています。

カンテラオパール母岩と一緒に磨かれていて、卵の殻から七色に輝くオパールが顔を覗かせているような外観で、個性的な魅力に溢れています。

ファイアオパール ルース

燃える炎のようなファイアオパール。メキシコオパールとは違う?

ウォーターオパールってどんなオパール?偽物はあるの?

虹の卵のようなカンテラオパール。その魅力は?偽物ってあるの?

エチオピア

エチオピアで採れるオパールは実に多彩で、メキシコのファイアオパールにそっくりなものも見つかっています。

シュワ州では地色の濃いブラックオパールをはじめ、透明度が高くて水晶のようなクリスタルオパール、そしてオレンジオパールホワイトオパールなどが産出されています。

ウォロ州では、ホワイト、イエロー、黄褐色、レッド、オレンジ、チョコレート色など、カラフルな地色のオパールも産出し、遊色効果を呈するものもあるといいます。

エチオピアのオパール鉱山近年発見されましたが、今や世界のオパール市場にはエチオピア産が大量に流通しています。

エチオピア産オパールは粒子積層構造空間が多く水分多く吸収したり、逆に水分を放出して乾燥しやすいなどの特徴があります。

日本でもオパールは採れる?

日本でも遊色効果のあるオパールが採れるのだそうですよ。

その生成は二つのタイプに分かれ、一つは、堆積岩チャート(無水珪酸が主成分の緻密な岩石)と一緒に生成するもの。

オパールがとても薄く生成されるため、宝石品質の結晶は採れにくいといいます。

もう一つは、火成岩の中の空洞充填するように生成するタイプで、こちらは稀に宝石品質のオパールが採れることもあるそうです。

後者のタイプは、福島県宝坂石川県赤瀬愛知県棚山などが産地として知られています。

特に石川県赤瀬では、大々的にではないものの、オパールの採掘が行われていた時期もあり、ホワイトオパール淡いブルーのオパールなどが産出されたということです。

オパールの産地別価値の違い

ブラックオパール

オパールの様々な産地について見てきましたが、採れる場所によって価値の違いはあるのでしょうか。

結論からいいますと、オパールは産地特定ができない宝石ですので、産地による価値の違いはないと言えるでしょう。

オパールの価値は、あくまでも品質によるものです。

虹色に輝く遊色効果のあるもの、遊色の色相レッドオレンジ入っているもの、遊色のパターン美しいものなど、オパールの価値は総合的に判断されます。

オパールの原石の形と産出状態

ハイアライトオパール 原石

多様性のあるオパールですが、原石はどのようななのでしょうか。

また、どのように産出しているのか、その状況についても気になります。

ここでは、オパールの原石と産出状況について掘り下げて見てみましょう。

オパールの原石の形

オパールの原石の形様々です。

オパールは、岩の割れ目や空洞珪酸溶液染み込んで生成されることから、目に見えない微細で球状の珪酸(SiO2)が集まっている、という特殊な構造をもっています。

平たく言うと、ピンポン玉積み重なっているような構造なのだそうですよ。

オパールの多くは、火山岩や堆積岩の中で団塊状層状鍾乳状脈状皮革状で生成されています。

球状ノジュールの中でオパールが育つこともあります。

オパールの原石は同じ色形を探すのは困難、などともいわれているほど、多様性に富んでいるのです。

オパールの産出状態

シリカを含む循環水が比較的低い温度地下の岩などの隙間沈殿してできたオパール。

地層の中に眠っている動植物の組織の中に染み込んで、オパール化した化石誕生することもあるといいます。

恐竜の化石オパール化したものもあるそうですよ。

純粋なオパールは基本的にカラーレスですが、他の多くの宝石と同様に、微量の金属が混じることで発色します。

1cmのオパールができるのに500万年ほど掛かるともいわれていますが、その多くは遊色効果を示さないコモンオパールなのだそうです。

遊色効果を示す美しいオパールは希少なのです。

最後に

オパール

オパールの産地別特徴価値原石の形などについてお話しましたが、いかがでしたか。

オパールの奥深さ多様性に触れ、益々ファンになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本でも美しいオパールが採れることを知り、私は何だか嬉しい気持ちになりました!

オパールの産地は世界に散らばっています

色も原石の形も効果も実に様々なオパールは、産地ごとに特徴が違うということも分かりましたね。

私は今回オパールの産地について色々調べたことで、オーストラリアのクーパー・ペディに行き、地下都市に住みながらオパールを掘ってみたいな、という夢を持つことができましたよ。

万華鏡のように色とりどりの光が躍るオパールを、自分の手で掘り当ててみたいものですね!

カラッツ編集部 監修

<この記事の主な参考書籍・参考サイト>

『起源がわかる宝石大全』
著者:諏訪恭一、門馬綱一、西本昌司、宮脇律郎/発行:ナツメ社
『アヒマディ博士の宝石学』
著者:阿衣アヒマディ/発行:アーク出版  ほか
———–
https://www.gia.edu/

▽参考書籍・参考サイト一覧▽

ABOUT US

宝石集めが趣味。産地として有名なスリランカやタンザニアに住んでいたことがあり、その頃いろいろ集めました。今後コレクションに加えたいのは、はっきり色が変わるアレキサンドライトと、少しオレンジ寄りのパパラチアサファイアです。