ハートシェイプカットダイヤモンドの魅力

ハートシェイプカット ダイヤモンド ルース

フェミニンで愛らしいフォルムのハートシェイプカットダイヤモンド

ハートシェイプカットダイヤモンドは、婚約指輪としても注目が高まっています。

こちらでは、ハートシェイプカットの価値基準選び方、有名ブランドではどんなデザインのジュエリーがあるのか、などを中心に、ハートシェイプカットダイヤモンドの魅力に迫っていきたいと思います♪

ハートシェイプカットはどんなカット?

ハートシェイプカット ダイヤモンド ルース
20世紀アメリカで誕生したハートシェイプカットダイヤモンドは、輪郭の形がハート型をしたダイヤモンドです。

ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す58の研磨面をもつ「ブリリアントカット」の内の一つで、「ファンシーシェイプカット」にも分類されます。

ハートシェイプカットダイヤモンドの複雑なカットは高い技術を要します。

美しいハート型を作るためにどうしても捨てなければならない部分が多く出るので、ハートカットにしやすい形の原石は限られ、価格が上がりやすい傾向にあります。

しかし愛らしい形から女性を中心にとても人気があるカットです。

ダイヤモンドカットの種類と歴史はコチラの記事も参考に

ハートシェイプの価値基準と選ぶ時のポイント!

ハートシェイプカット ダイヤモンド ルース
ダイヤモンドの品質を評価する4Cの一つである「カット評価」は、ラウンドブリリアントカットのみが対象となるためハートシェイプカットダイヤモンドには付きません

ではどうやってカットの良さを判断すればいいのでしょうか。

ハートシェイプカットダイヤモンドの価値を決定づけるポイントは、主に次の3つです。

その1:バランスの良い形

ハートシェイプカットダイヤモンドの最も重要なポイントバランスの良い形かどうかです。

左右対称で正方形に納まるものが理想的なカットとされ、縦長のものや幅が広いもの弧を描く部分のバランスが悪いものは特殊な形と評価されます。

もう少し専門的に、ハートを形成するパーツの名称と一緒に詳しく説明してみましょう。

専門用語は全部で5つ。

  • 左右上部の膨み・・・ローブ
  • ハートの谷間・・・クレフト
  • 側面の頂点 ・・・ベリー
  • 下部先端・・・ポイント
  • ベリーとポイントの間・・・ウィング

チェックするのはクレフトからローブローブからベリーが尖り気味だったりせず魅力的な膨みをもっているか。

またベリーからウイングを経てポイントまでが直線的すぎずまた膨みすぎてもいないか。

あとはポイントがぼやけずちゃんと尖っているかも見逃せません。

さらに全体として左右対象であることと、縦の長さ:横の長さが1:1に近いとハートシェイプとしての理想的なフォルムといえるでしょう。

バランスの良いカットは、ハート型が本来もっている美しさを際立たせてくれます。

ただ、これはあくまでも一般的な評価の指標

個人的に少し縦長や横長のものが好き、という場合は好きな形や自分に一番しっくりくる形を選んでも良いと思いますよ。

その2:クラリティ

ハートシェイプカットダイヤモンドを選ぶ、もうひとつのポイントはクラリティ(透明度)

クラリティとは、ダイヤモンドに内包物(インクルージョン)やキズや摩耗のキズ跡(ブレミッシュ)が、相対的にどの程度含まれているかを評価する指標です。

見てわかるようなインクルージョンは、美しさを損なうだけでなく、耐久性価値そのものに影響が出る可能性もあります。

ハートシェイプはラウンドブリリアントカットに比べるとインクルージョンなどが分かりやすいものが多い気がしますので、なるべくきちんと見て、目立ちにくいと思うものを選んでみてくださいね。

その3:セッティング

婚約指輪など、ジュエリーになっているものを選ぶ場合、デザインも大切ですよね。

一粒ダイヤモンドを爪留めにしたクラシカルでシンプルなものや、周りを小さなメレダイヤモンドで囲ったデザインのものなど、さり気なく愛らしいハートシェイプが楽しめるデザインのものを選ぶと良いでしょう。

ハートシェイプカットの魅力

ハートシェイプカット ダイヤモンド ルース

ハートシェイプカットの魅力は、なんといってもロマンチックなかわいらしい形にあります。

特に海外では人気があるようですね。

ダイヤモンドといえばラウンドが圧倒的に多い中、「人と違ったカットのダイヤモンドが欲しい」という方にもおすすめです。

ハートシェイプカットの婚約指輪

ハートシェイプカット ダイヤモンド リング

女性らしいフォルムのハートシェイプカットダイヤモンドを婚約指輪としても選ばれる方も多いと聞きます。

愛の証として多幸感あふれるハートシェイプは確かに婚約指輪にふさわしいモチーフといえるかもしれませんね。

「子どもっぽくなってしまうのでは・・・」と思われるかもしれませんが、デザインを選べば大人っぽい仕上がりにもなるようです。

定番のラウンドブリリアントカットダイヤモンドも素敵ですが、ハートシェイプカットで個性を出すのも良い気がします。

前述した、「バランスの良さ」「クラリティ」にも注目しながら自分らしい一品を選んでみて下さいね♪

ハートシェイプカットダイヤモンドのジュエリー

では、実際にどんなデザインのジュエリーがあるのか、有名ブランドの商品を2つご紹介しましょう。

世界五大ジュエラーに名を連ねる「ティファニー」と「ハリーウィンストン」のジュエリーです♪

ティファニー

出典元:ティファニー公式サイト

 

世界的な人気を誇り、アメリカを代表する有名ブランド、ティファニーハートシェイプエンジゲージリングをご紹介します。

ひときわ輝くハートシェイプカットダイヤモンドと、その周りを取り囲むメレダイヤ。

アームまでびっしりとメレダイヤが華やかに輝く、エレガントなリングです。

画像のリングは2ct0.5ctから2.5ctまで揃っています。金額はお問い合わせ下さい。

ハリーウィンストン

出典元:ハリーウィンストン公式サイト

 

ダイヤモンドの品質に徹底的なこだわりをもったハイジュエリーブランド、ハリーウィンストンハートシェイプ・クロスペンダントをご紹介します。

一見するとクロスのネックレスですが、よく見ると、ハートシェイプカットダイヤモンドが贅沢に14ピース並んでいます。

ひとつひとつが美しい、ダイヤモンドの総カラット数は1.54ctです。お値段はお問い合わせください。(知るのが怖い気もしますが・・・)

最後に

ハートシェイプカット ダイヤモンド ジュエリー
ハートシェイプカットダイヤモンドの特徴や選び方、その魅力をご紹介しました。

ハッピーモチーフのハート型を見ていると、明るく楽しい気分になる方も多いはず♪

それがキラキラ輝くダイヤモンドなら、ワクワク感この上ないですよね!

この機会に、ハートシェイプカットダイヤモンドに興味を持っていただけたら幸いです。

カラッツ編集部 監修

ABOUT US

ジュエリー専門学校で、ジュエリーデザインとメイキングを学び、主にダイヤモンドジュエリーを扱うメーカーに就職。デザインと営業事務に携わりました。好きな石はダイヤモンド。趣味でアクセサリーを作っています。