3月の誕生石アクアマリン!名前の意味、石言葉、色のもつヒミツとは?

アクアマリン ジュエリー

透き通った淡いブルーアクアマリン。古来から多くの人に愛されている宝石の一つです。

アクアマリンをずっと眺めていると、まるで海の中にいるようなとても神秘的な気持ちになります。

今回はそんなアクアマリンの特徴や原石の形、偽物との見分け方をお伝えしたいと思います!

アクアマリンとは?

アクアマリン ルース 原石

アクアマリンは、ベリリウムとアルミニウムを主成分とする珪酸塩鉱物である、ベリルという鉱物の一種です。

ベリルの中で、透明感のあるブルーのものをアクアマリンと呼んでいます。

鉱物としての基本情報

英名 Aquamarine(アクアマリン)
和名 藍柱石、藍玉、緑柱石
鉱物名 ベリル
分類 珪酸塩鉱物
結晶系 六方晶系
化学組成 Be3Al2Si6O18
モース硬度 7.5 – 8
比重 2.63 – 2.83
屈折率 1.58 – 1.59
光沢 ガラス光沢

特徴

アクアマリンは、淡い水色から深いサファイアのような青色に見えるものまであります。

この水色は、微量の鉄(Fe)が含まれていることに起因していると考えられています。

またアクアマリンは、結晶学上の理由からインクルージョン(内包物)が少ないものが多いといわれています。

モース硬度は7.5~8と高めで、ジュエリーとしても楽しめる宝石です。

産地

ブラジル、パキスタン、アフガニスタン、マダガスカル、インド、ナミビア、タンザニア、ロシア、スリランカなど。

良質なものが多く産出されることで有名なのはブラジルです。

また近年パキスタンやアフガニスタンでも良質で大きめの結晶が採れるといわれていますが、ブラジル産のものと比べると色が淡めのものが多い傾向にあるそうです。

なお、アクアマリンは産地鑑別ができない宝石です。

原石の形

アクアマリン 原石

アクアマリンの原石は六角柱状の結晶の形で産出されることが多いといわれています。

空洞ができやすいペグマタイト(巨晶花崗岩)の中で生成すると、大型の結晶になることが多いのだそうです。

同じベリル族のエメラルドは変成岩に生成されることが多く、アクアマリンのように大きな結晶が見つかることは少ないそうです。

同じ鉱物だからと言って生成場所が同じとは限らないのですね。

ちなみに、リチウムの多いペグマタイトの中にできるアクアマリンの原石は短柱状や板状になることが多いのだとか。

知れば知るほど奥が深い世界ですね。

名前の意味

アクアマリンは、ギリシャ神話の中にも

大洋の底に住む海の精がもっていた宝物が、嵐により海が大きく荒れた為に海岸に打ち上げられて発見されたもの

とあるように、海との関わりが深い宝石です。

名前もラテン語で「海の(Marinus)」と「(Aqua)」という言葉から由来して名付けられたといわれています。

和名は「藍柱石(らんちゅうせき)」「藍玉(らんぎょく)」「緑柱石(りょくちゅうせき)」といいます。

緑柱石はベリル族の鉱物に共通して付けられている和名ですね。

ヨーロッパでは古くから海難のお守りとして使われることが多かったようで、船乗り達はアクアマリンにギリシャ神話の海神ポセイドンを彫刻した指輪などを身につけて航海に臨んでいたという言い伝えもあるそうです。

3月の誕生石

アクアマリンは日本では、3月の誕生石として親しまれています。

アクアマリン以外にも珊瑚ブラッドストーンが同じ3月の誕生石として選ばれています。

アクアマリンや珊瑚という海にまつわる宝石が誕生石として多く選ばれている3月。船出の季節だからでしょうか?

石言葉

石言葉は「聡明」「沈着」「幸福」です。

その落ち着いたブルーの色合いは確かに「聡明」や「沈着」などの言葉のイメージと合っていますね。

アクアマリンの仲間

エメラルド

アクアマリンがベリルという鉱物だということは先にお話ししましたが、ベリルには他にエメラルド、モルガナイト、ゴーシェナイトなどがあり、皆アクアマリンの仲間です。

違いは主に色で、色によって呼び名が変わります

緑色のものがエメラルドピンク色モルガナイト、そして透明のものがゴーシェナイトです。

他にも、赤色をしたレッドベリル、黄緑色ヘリオドールなども、同じベリルの宝石です。

アクアマリンの色と施される処理について

アクアマリン ルース

前述もしていますが、アクアマリンの青色は微量の鉄が含まれることが影響していると考えられています。

またアクアマリンの透き通った青い色は、熱によって生み出されることもあるそうです。

自然熱で加熱され産出された時から色が濃く美しいものもありますが、多くは人工的に加熱処理を施しているといわれています。

結晶中の緑や黄色味がかった鉄元素が、熱を加えることにより変化し、澄んだ水色になるのだそうです。

アクアマリンはもともとインクルージョンの少ない宝石ですが、熱処理を加えた時にインクルージョンが原因で割れてしまうことを懸念して、あらかじめクリアな部分だけをカットされることも多いといいます。

そのためよりインクルージョンの少ない宝石が生まれるのだとか。

なお、アクアマリンは一般的に加熱処理が施される上に、処理の有無が科学的に解明できないことも多いことから、加熱処理の有無で価値が下がることはないといわれています。

ゴーシェナイトとの違い

ゴーシェナイトは無色のベリルだとお伝えしましたが、アクアマリンの中には色が薄いものもあり、一見見分けがつかないこともあると聞きます。

ではこの二つを見分ける境界線はどこかというと、どこから見ても無色に見えるものはゴーシェナイト、「無色に近い」という程度だとアクアマリンになるそうです。

つまり、少しでも水色や緑色がかった青色が入っていれば、それは「アクアマリン」ということなのですね。

サンタマリアアクアマリン

サンタマリアアクアマリン ルース

アクアマリンの中でも最高級品とされるのが、「サンタマリアアクアマリン」と呼ばれるもので、濃く鮮やかな青色をしているのが特徴です。

サンタマリアアクアマリンは、20世紀前半にブラジルのミナス・ジェライス州にあるサンタマリア鉱山で見つかったことからその名がつけられました。

サンタマリア鉱山は、今ではすでに閉山してしまったそうで、ブラジル産サンタマリアアクアマリン非常に貴重な存在になってしまったとか。

サンタマリアアフリカーナ

その後、アフリカ・モザンビークの鉱山で同じような色の濃いアクアマリンが見つかり、「サンタマリア・アフリカーナ」と名付けられました。

現在はサンタマリア・アフリカーナ以外にも、同等の美しさをもつアクアマリン全般サンタマリア・アクアマリンと呼んでいるそうです。

水色のアクアマリンも素敵ですが、サンタマリアアクアマリンのより深く濃いブルーには、吸い込まれてしまいそうな美しさがありますね。

アクアマリンキャッツアイ

アクアマリンキャッツアイ

結晶中細かいチューブ状のインクル―ジョンが含まれており、カボション・カットが施されたとき光を反射して縦に筋が入り、猫の目のように見える効果をもつ宝石があります。

この効果のことをキャッツアイ効果(シャトヤンシー)と呼びます。

アクアマリンにもこのキャッツアイ効果が見られるものがあり、それらは「アクアマリンキャッツアイ」と呼ばれています。

アクアマリンの偽物とその見分け方について

合成スピネル

アクアマリンの偽物として、合成スピネルが出回っていることがあると聞きます。

合成スピネルは宝石としての価値はほとんどないのですが、アレキサンドライトやアクアマリンなど他の宝石として販売されていることがあるため注意が必要です。

ここで、天然のアクアマリンと偽物の合成スピネルとの簡単な見分け方を一つご紹介しますね。

100円ショップなどでもよく売っているライトなどで光を石に当てカラーフィルタで見てみましょう。

合成スピネルは色が違って見えますので、見分けることができます。

ただしこれはあくまでも一つの簡単な見分け方にすぎません

実際の鑑別では色んな観点から検査した上で見極めますので、気になる場合はプロの鑑別機関に依頼しきちんと調べてもらうようにしてくださいね。

ただ、一つ誤解しないで頂きたいのは、合成スピネルも合成スピネルとして販売されている場合は問題ありません

天然石や他の宝石として、事実を隠したり誤魔化したりして販売されていることが問題なのです。合成スピネル=悪いものと思わないようにして下さいね。

アクアマリンの価値基準と市場価格

サンタマリアアクアマリン ルース

アクアマリンを購入する前におさえておきたいポイントについてもまとめてみました。

価値基準

アクアマリンの価値基準は、まずは濃くて色ムラのない、美しいもの程価値が上がります。

そのためサンタマリアアクアマリンの方が評価が高くなります。

次に透明度インクルージョンやキズ欠けの有無と位置、カットの美しさ、カラットなどから総合的に判断され価値が決まります。

市場価格

アクアマリンは流通量が多いこともあってか、大きさやクォリティによっては、1万円以下でも十分探せます。

色が濃く美しく1ct以上あると数万円以上する場合もあり、トップクォリティのサンタアクアマリンですと、大きさに依っては10万円以上するものもあります

何処で買える?

3月の誕生石に選ばれていることもあり、多くのお店で取り扱いがある印象です。

ルースでもジュエリーでも比較的簡単に見つけることができると思います。

但し、サンタマリアアクアマリンとなると、通常のアクアマリンよりは取り扱いが減るかもしれません。

アクアマリンのお手入れ方法

アクアマリン ペンダント
アクアマリンは硬度が高く内包物が少ないものも多いため、比較的耐久性に優れています

そのため他の宝石に比べ傷はつきにくいですが、絶対に傷つかない訳ではありませんので強くぶつけたりはしないよう注意してくださいね。

洗浄する際はぬるま湯に中性洗剤を溶かして洗うのがオススメです。

また、脂分が移りやすいので、外した後は柔らかい布でふき取り、皮脂を落とすようにしましょう。

最後に

アクアマリン リング

海の水をイメージする宝石、アクアマリンの特徴や原石の形、偽物との見分け方などをお伝えしました。

私も指輪を持っていますが、いつ見ても海を閉じ込めたような色透明感にはうっとりしてしまいます。

これは宝石全般にいえることですが、同じ鉱物でも一つ一つ色味や雰囲気が違うところが最大の魅力だと思います。

アクアマリンの水色も石によってそれぞれ何色にもバリエーションがあり、それが角度によっても変化するので、見ていて飽きませんよね。

そんな多彩な美しさを持つアクアマリン、見かけたらぜひ手にとってみてくださいね!

カラッツ編集部 監修

<この記事の主な参考書籍・参考サイト>
『鉱物・宝石のしくみ』
 監修:宮脇律郎/発行:新星出版社
『ネイチャーガイド・シリーズ 宝石』
 著者:ロナルド・ルイス・ボネウィッツ 訳:伊藤伸子/発行:科学同人
『価値がわかる宝石図鑑』
 著者:諏訪恭一/発行:ナツメ社
『ときめく鉱物図鑑』
 監修:宮脇律郎/発行:山と渓谷社
◆『岩石と宝石の大図鑑』
 監修:ジェフリー・E・ポスト博士/著者:ロナルド・ルイス・ボネウィッツ 訳:青木正博/発行:誠文堂新光社   ほか

▽参考書籍・参考サイト一覧▽