9月の誕生石 サファイアの魅力に迫る!

9月の誕生石 サファイアとは

9月の誕生石であるサファイアはコランダムという鉱物の一つで、この鉱物は古くから宝石として大切に扱われてきました。

コランダムとは、サンスクリット語でルビーを意味する「クルビンダ」に由来しています。

そう、実はルビーもコランダムの一種

サファイアとルビーは兄妹のような関係にあるのですね。

赤いコランダムをルビー、ブルーを筆頭にオレンジイエローグリーンバイオレットピンクなどのレッド以外のコランダム全てサファイアと呼んでいます。

どれも元々の組成は同じで、不純物の違いが色の違いとして現れると考えられています。

無い色はないのではと言われる程、多くの色が存在しますので、サファイアはカラフルな宝石といえますね。

ブルー以外のサファイアのことをひとまとめにしてファンシーカラーサファイアと呼びます。

サファイアの種類

ではサファイアの主な種類についてもう少し細かくご説明していきましょう。

コーンフラワーブルーサファイア

サファイア

コーンフラワーとはヤグルマギクのことで、矢車草の色に近い色味です。

ベルベティーブルーともいわれる若干白みがかった柔らかなブルーは、伝統的な美しい色とされています。

ロイヤルブルーサファイア

サファイア

ミャンマー産で無処理のやや紫がかったブルー、ディープパープリッシュブルーのサファイアのことを「ロイヤルブルー」といいます。

3カラット以上の大粒のサファイアにみられる色で、モザイクの淡い部分のブルーが美しく、立体的な色合いを見せてくれます。

ファンシーカラーサファイア

サファイア
前述したとおり、ブルー以外のサファイアを総称してファンシーカラーサファイアと呼びます。

先にもお伝えしたとおり、サファイアはカラーバリエーショが大変豊富な宝石で、ピンクイエローグリーンパープルバイオレットオレンジなどがあります。

では、ファンシーカラーサファイアの中で最も価値高く扱われるパパラチアサファイアについてもご紹介しましょう!

パパラチアサファイア

サファイア

様々な色相のファンシーカラーサファイアのうち、ルビーとオレンジサファイアの間、オレンジとピンクが混ざったような色合いをもつものをパパラチアサファイアと呼びます。

パパラチアとはスリランカの言葉で「蓮の花」という意味です。

パパラチアサファイアは希少性の高さから「キング・オブ・サファイア」と称されることもあるそうです。

パパラチアサファイアについて詳しくはこちらをどうぞ

カラーチェンジサファイア

サファイアの中にも、アレキサンドライトのように変色効果をもつものがあります。

それらをカラーチェンジサファイアと呼びます。

アレキサンドライトのようにブルーグリーンからワインレッドに変わるものもありますが、多くは蛍光灯ではブルー白熱灯ではパープルを示すといわれています。

蛍光灯では青色
サファイア
白熱灯では紫色

スターサファイア

サファイア
ドーム型のようなカボションカットに研磨されたサファイアに、ペンライトなどで光を当てると星のように六条の光の筋が表れる、スターサファイア。多くはスリランカから産出されています。

地色が深いブルーで美しい色合いのものほど高価で、価値が高くなっています。

同じコランダムのルビーにも同じ効果が表れるスタールビーが存在します。どちらも人気のある宝石です。

最後に

サファイアリング

今回は、様々なサファイアを紹介し、その魅力に迫ってみました。

サファイアはダイヤモンドに次いで硬度の高い宝石なので、他の宝石に比べると傷つきにくく、その性質からリングにして愛されてきました。

長い間美しい姿のまま魅力を楽しむことが出来るサファイアを、リングとして身に着け、指先から放たれるミステリアスなブルーをぜひ堪能していただければと思います。

カラッツ編集部 監修