カラッツポップアップストア《有楽町マルイ》開催のお知らせ [8/19(金)~21(日)]

人気のデザイン ダンシングストーンとは

ダンシングストーン

人気のデザイン ダンシングストーンとは

ダンシングストーン ダイヤモンド
ダンシングストーンというデザインをご存知でしょうか?
ダイヤモンドの特殊な留め方により、ダイヤモンドが揺れるようなデザインになっています、
着けている人が動くたびにダイヤモンドが揺れる、とってもかわいいダンシングストーン。宝石の展示会や、小売店でも目にすることが非常に多い、
ダンシングストーンの魅力についてご紹介いたします。

ダンシングストーンとは

ダンシングストーン
ダンシングストーンとは、日本の企業であるクロスフォー社が開発・特許を取得している石の留め方です。以下、クロスフォー社のHPからの引用です。

”2010年11月当社代表土橋秀位は、人間のわずかな動きをダイヤモンドの細かな振動のエネルギーに変えて「あなたの胸で(輝き)出したら止まらない」といえるほど常に動き続ける宝石のセッティング方法を発明しました。その動きはまさに、宝石が踊っているよう。そして、その名前をDancing Stoneと致しました。その動きは細かく、やさしく、エレガント、しかもその仕組みを使用したデザインの可能性は無限です。”

クロスフォー社は、ダンシングストーンのセッティングを開発したのち、日本のみならず、アメリカ、中国、インド、台湾、ロシア、EU,香港、ブラジル、インドネシア、ベトナム、タイ、カンボジア、マレーシア、メキシコ、イスラエル、カナダ、オーストラリア、アラブ首長国連邦、シンガポールなどの世界の国で特許を取得しました。

ダンシングストーンのジュエリー

ダイヤモンド ダンシングストーン
ダンシングストーンのジュエリーは、中石がダイヤモンドのものばかりではありません。ダンシングストーンというのは、中石のセッティング方法のことなので、
ジュエリーに使う素材は様々です。ダンシングストーンを開発したクロスフォー社のHPでは、中石がダイヤモンドのもの、キュービックジルコニアのもの、
外枠の素材がK18、K10、SV(スターリングシルバー)のものなどが紹介されています。
ダンシングストーンのセッティング方法は、中石の輝きときらめきが際立つ手法なので、ご予算や用途に合わせて、お好みのジュエリーを選ぶのがいいと思います。

ダンシングストーンのジュエリーの広がり

ダンシングストーン ダイヤモンド
ダンシングストーンのジュエリーを取り扱っている業者様は非常に多く、国内の宝石展示会会場でも、必ずといっていいほど目にします。
正規のダンシングストーンジュエリーを買うには、ダンシングストーンを開発したクロスフォー社のものを選ぶか、正式にクロスフォー社の許可のもと、ジュエリーを作っているお店から買うのがよいでしょう。ダンシングストーンは特殊な技術なので、ダンシングストーンをまねた偽物は、壊れやすかったり、ダイヤモンドの揺れ方が異なり、
仕上がりも違ってくるので、買わないようにしたいものです。

ダンシングストーンの輝きをさらに引き立てるカット

ダイヤモンド ダンシングストーン
ダンシングストーンを開発し、特許を取得しているクロスフォー社は、石のカットも独自です。以下、クロスフォー社HPからの引用です。
”十字の輝きを持つクロスフォーカット”
クロスフォーカットは46面体で表現しています。
光の十字は彫刻のように傷をつけたものではなく、完璧にカットされたルースだけが中央に高貴な十字を放つことができるのです。クロスフォーカットは全てパーフェクトプロポーションです。
クロスフォーカットは、クロスフォーが3年の歳月をかけて研究開発した独自の
カットスタイルです、光のリフレクション効果で宝石の中央に十字の輝きを持たせることに成功した非常に神秘的で精工なカット方法です。”

ダンシングストーンの輝きは、特殊なセッティング方法と、
計算しつくされたカットで成り立っているのですね。クロスフォー社は
山梨県の企業なのですが、山梨は、昔からジュエリー産業が盛んな県ですので、
このような高度な技術が開発されるのも納得です。

カラッツ編集部 監修

ABOUT US

オンラインショップ運営を5年経て、実店舗での販売員として6年間都内のジュエリー店で勤務中。母の影響でジュエリー好きとなり、好きが高じてジュエリーとかかわる仕事を選びました。好きな宝石はダイヤモンドとタンザナイト。フラワーモチーフのアイテムと、ボリュームのあるピアスが大好きです。