透明感が美しい宝石ダンビュライト|産地、色、価格相場など、その特徴とは

ダンビュライト ルース

透明な輝きが美しい宝石、ダンビュライト。

カラーレスの宝石というと、ダイヤモンドの他にロッククリスタル(透明なクォーツ)やホワイトトパーズなどを思い浮かべる方も多いと思いますが、それらに負けず劣らずの美しさをもつ宝石です。

クォーツやトパーズと比べるとほんの少しだけ高い透明感と分散率をもつため、カットによっては美しい輝きを見せます。

そのためか、かつてはダイヤモンドの代用品として扱われていたこともあるといいます。

今回はそんなダンビュライトについてアレコレ語っていきたいと思います!

ダンビュライトとは?

ダンビュライト ルース

ダンビュライトはカラーレスで高い透明度をもつ宝石です。

冒頭でも触れたように、かつてはダイヤモンドの代用品として扱われていたこともあるそうです。

日本で良質なものが多く産出されたことから、世界から注目されていた時代もあったようですよ。

それではまず、鉱物としての基本情報からご紹介していきましょう!

鉱物としての基本情報

英名Danburite(ダンビュライト)
和名ダンブリ石(だんぶりせき)
鉱物名ダンビュライト
分類珪酸塩鉱物
結晶系斜方晶系
化学組成CaB2(Si4O)2
モース硬度7.0 – 7.5
比重2.97 -3.03
屈折率1.63 -1.64
光沢ガラス光沢~脂肪光沢

特徴

ダンビュライトは、宝石品質のものが産出されることが少ないそうです。

そのため、希少石として扱われ、ジュエリー加工されたものより鑑賞用のルースとして市場に出回っているものが多い印象があります。

結晶の形状がトパーズと似ており、美しく研磨されたものはダイヤモンドの代用品として扱われていたこともあるといわれています。

トパーズと大きく異なるのは、ダンビュライトは劈開性がないといわれている点です。

また、紫外線を当てるとブルーやグリーン系の蛍光を発するものもあるそうです。

クリア、ホワイト、ピンク、イエロー、ゴールド、グレー、黄褐色など。

産地

メキシコ、マダガスカル、アメリカ、ロシア、日本、ミャンマー、スイスなど。

宝石品質の良質なものが取れることで有名なのは、メキシコ日本スイスなどです。

名前の意味

アメリカのコネチカット州、ダンベリー(Danbrye)で最初に発見されたことからダンビュライトと名付けられたといわれています。

ダンブライトと呼ばれることもあります。

ダンビュライトの原石の形

ダンビュライト 原石
カルシウムと硼素を含む珪酸塩鉱物であるダンビュライトは、主に柱状結晶で産出されることが多いとされます。

粒状やくさび状で発見されることもあるそうです。

外見がトパーズの結晶とよく似ているといわれますが、劈開(へきかい)の有無と比重の違いから判別できるといいます。

低~中温の接触変成作用により生成されることが一般的で、特にスカルンの中で、長石やアキシナイトなどとともに見つかることも多いそうです。

また、ペグマタイト蒸発岩高温で生成した鉱床の中から見つかることもあるといいます。

日本では大分県の尾平鉱山や宮崎県の土呂久鉱山が主な産地として有名でしたが、現在はいずれも閉山しています。

かつて日本で産出されたダンビュライトは美しい結晶のものが多く、世界的にも注目されていたようです。

ダンビュライトを買う前に知っておきたいこと

ダンビュライトの価値基準

透明度の高いものほど高品質とされ、宝飾品などにあしらわれることも多いです。

ゴールデンダンビュライトと呼ばれるものはより希少性が高く、価値高く扱われる傾向にあるようです。

また、他の鉱物を結晶インクルージョンとして内包した個性的なものもあり、これらはコレクターに高い人気があるそうです。

ダンビュライトの相場はどれくらい?どこで買える?

ダンビュライトは、サイズやクォリティによって数千円~数万円位のものが多い印象です。

希少石のためジュエリーとして見かけることは殆どありませんが、レアストーンの取り扱いが多いお店でルースを販売していることはあります。

ミネラルショーなどのイベントでも探せば見つかることもあると思います。

最後に

ダンビュライト ルース
ダイヤモンドの代用品として使われていた歴史もある宝石、ダンビュライト。

知名度が高い方とはまだいえませんが、かつては日本でも採れたと聞くとなんだか親近感がわく気がします。

個人的には透明度の高いものだけでなく、乳白色でインクルージョンが入ったものも個性的で魅力を感じます。

産出量も少ないレアストーンではありますが、もし気に入ったものとの出会いがあれば、ぜひ手に取ってみてくださいね♪

カラッツ編集部 監修