カラッツポップアップストア《有楽町マルイ》開催のお知らせ [8/19(金)~21(日)]

硬度10 イエローダイヤモンド | (宝石の国) 28キャラを宝石屋が全力で解説する

出典元:TVアニメ『宝石の国』公式サイト

ダイヤモンドは女の子の1番の友達」―映画「紳士は金髪がお好き」という映画の中で、マリリン・モンローがそう歌いながら身につけていたのが涙型のイエローダイヤモンドのネックレス

イエローダイヤモンドはあの名作「ティファニーで朝食を」の冒頭シーンにも登場していましたね!

宝石の国の中で、「最年長」「俊足」「みんなのお兄様」と親しまれるイエローダイヤモンド。その美しさは現在ではティファニー社の象徴とも言われ、ダイヤモンド・ラッシュのきっかけを作ったと言われる石です。

みんなに愛されるイエローダイヤモンド。その魅力の秘密とは?今回も宝石屋が全力で解説します!

イエローダイヤモンドの特徴とは


硬度10のイエローダイヤモンド。宝石の国の中でのイエローダイヤモンドは、「ボルツと肩を並べる戦闘能力とルチル並みの聡明さ」を持つ最年長のお兄様として、頼りにされているキャラ。

しかし宝石の国の中で、イエローダイヤモンドはなぜ最年長と言われるのでしょうか?

 

(この先一部ネタバレを含みます)

 

最年長といわれる理由

「俺は組んだやつをみんな月へ行かせてしまった 。 グリーンダイヤモンドもルビーもサファイアもピンクトパーズも。  尊敬するところなんてないよ」

「逃げ足が速いだけで気付けば最年長三千五百九十七歳だ」

と宝石の国の中で、最年長の自分にやや疲れた感のあるイエローダイヤモンドですが、そもそもダイヤモンドの誕生は35億年から9億年前あたりと言われています。

ちなみに地球の誕生は約45億年前。億単位の時間をかけて誕生したダイヤモンドは、地球上で最も硬い鉱物に加えて、持て余すほどに長い時間と歴史を持っているのでしょう。

では、なぜダイヤモンドの中でも他ではないイエローダイヤモンドが最年長なのか。3597歳という年齢についても色々調べましたが、結局これといった定説はないようでした。

これは個人的な意見ですが、3597年といえば、田中芳樹原作のベストセラーSF小説、「銀河英雄伝説」の中でアスターテ会戦が勃発し、物語が始まった記念の年。イエローダイヤモンドはみんなの英雄ですから、それに引っ掛けたのかなあ、なんて思いました。単なる憶測に過ぎないですけれど、ね。

実は多彩なカラーを持つダイヤモンド


ダイヤモンド、といえば「無色透明」だと思っていませんか?「イエローダイヤモンドなんて珍しいよね」と思ったアナタ、実はダイヤモンドの約6割はイエローダイヤモンド。そしてダイヤモンドには多彩なカラーバリエーションがあるのです。

ダイヤモンドのカラーバリエーション

現在産出されているダイヤモンドのカラーバリエーションは主に13色あります。(無色透明、ホワイト、イエロー、オレンジ、ピンク、レッド、パープル、バイオレット、ブルー、グリーン、ブラウン、グレー、ブラック。)

その中で、GIAと呼ばれるアメリカの宝石鑑定機関が、ダイヤのカラーバリエーションとして認定しているのは、「イエロー」、「オレンジ」、「ピンク」、「レッド」、「パープル」、「バイオレット」、「ブルー」、「グリーン」の8色です。

今後、宝石の国でも新しいキャラとして、オレンジやブルーのダイヤモンドが登場するかも知れませんね!

※ダイヤモンドの多彩なカラーについてはこちらの記事も参考にして下さい
▶︎一生に一度見てみたい 様々な色のダイヤモンド

イエローダイヤモンドは持ち主を繁栄させる?


宝石の国の中で、イエローダイヤモンドは「悠遊堂々、自信、強さ」を感じさせるキャラです。イエローダイヤモンドの和名は「黄色金剛石」。宝石言葉は「成功」「金運アップ」など、持ち主を繁栄させる財運を高める石として人気があります。

歴史的にも有名なイエローダイヤモンド

マリリンモンローが身につけたイエローダイヤモンドは「バローダの月」と呼ばれ、元々はマハラジャやマリーアントワネットの母、マリア・テレジアが所有していました。

マリリン・モンローが身につけたことで、世界で一番有名なイエローダイヤモンドとして賞賛されましたが、この石には「バローダの月を身にまとった者は世界に名高い人物になる」という伝説もあるとか。

最後に

宝石の国イエローダイヤモンド
出典元:TVアニメ『宝石の国』公式サイト

宝石の国の中で、イエローダイヤモンドはアゲートの石を足にはめた超速のフォスをさらりと受け止め、パートナーのジルコンを大切にするイケメンですが、みんなの中で、一番「先生」に近い宝石なのかも。

展開に目が離せない漫画アニメ、宝石の国。これからもイエローダイヤモンドの活躍に期待したいですね!

カラッツ編集部 監修