アイテム別ジュエリーの保管方法と保管する際の注意点

アイテム別ジュエリーの保管方法と保管する際の注意点

ジュエリーの保管は、みなさまどのようにされていらっしゃいますか?元々入っていたケースに入れて保管したり、ジュエリーをたくさんお持ちの方は、ジュエリーケース(宝石箱)に入れて保管されているでしょうか。ジュエリーを美しく保つためには、日頃のお手入れと、どのように保管するかが非常に重要です。アイテムごとに保管の際に気を付けるポイントを解説させていただきます。

アイテム別 ジュエリー保管方法

リング

どのアイテムにも  共通して言えることですが、
ジュエリー同士がぶつからないように、スペースにゆとりをもって、
リングを収納できるケースで保管するようにしましょう。
購入したときについている、一つずついれられるケースか、
ジュエリーボックスのリング用スリットにいれて保管しましょう。
リング同士がぶつかった状態で保管すると、石や金属部分に傷がついたり、
変形する原因になるので注意が必要です。

ネックレス


ネックレスもリングと同様、一つずつケースにいれて保管するか、
ジュエリーボックス内のチェーンを伸ばした状態で収納できる場所に保管しましょう。
チェーンが華奢なタイプのネックレスは、特に絡まりやすいので気をつけましょう。

ピアス、イヤリング

ピアスやイヤリングも、一つずついれることができる専用ケースか、ジュエリーボックスでの保管がお勧めです。ジュエリーボックスの場合、ワンペアずつ間仕切りがあるようなスペースに保管するのが良いと思います。仕切りがないスペースにピアスやイヤリングを入れてしまうと、ケースのなかでぶつかってしまい、傷がつく原因になります。特にパールは傷つきやすいです。もしジュエリーボックスに間仕切りがない場合は、小さなジップ付きのビニール袋に入れて保管するのがよいでしょう。あまり知られていませんが、小売店でジュエリーを販売する際、店頭にディスプレイとして並べきれないストックのジュエリーは、ジップ付きのビニール袋に入れて保管することがよくあります。かさばらず、ジュエリーをビニールが守ってくれるため、傷がつかず、一石二鳥です。

ブレスレット、アンクレット

ブレスレットやアンクレットも、専用のケースに入れるか、ジュエリーボックスで、絡まないよう、できればチェーンを伸ばして保管することをおすすめします。

その他ジュエリーを保管する際の注意点

日光

紫外線で変色する石があるため、日光が当たらないところで保管するようにしましょう。紫外線で変色する宝石には、アメジストやシトリン、トパーズなどがあります。

湿気

湿度が高い場所での保管は避けましょう。パールや珊瑚は水分に弱いため、湿度が高すぎる場所での保管は厳禁です。

乾燥

湿度が心配だからということで、乾燥材と一緒に保管するのもNGです。オパールなどは乾燥に弱く、乾燥が進むとひび割れの原因になってしまいます。ジュエリーの展示会やデパートのジュエリー売り場のショーケース内に、水が入った小さなコップをいれてあるのをたまに見かけますが、これは、ジュエリーの展示ケース内の極度の乾燥を防ぐためです。このことからも、ジュエリーにとって極度の乾燥がNGということがわかるかと思います。

ケースに入れる前のワンポイント

ジュエリーを外したら、柔らかい布で拭いてからケースにしまいましょう。パールや珊瑚など水分に弱いジュエリーは、汗などの水分を取り、
また、親油性のあるダイヤモンドは、身に着けている間についてしまった皮脂汚れやせっけんかすなどを取ってから収納するためです。ジュエリーを使用するたびにこのお手入れをするかしないかでは、長い目で見ると、照りや輝きに違いが出てきます。使用する布は、ジュエリー用のクロスがおすすめです。

購入時の美しさを長く保つためには、保管の方法に気をつけましょう。

カラッツ編集部 監修

ABOUT US

ジュエリー業界に数年従事。その後別業種に転職しながら、ジュエリー好きが高じて、宝石に関する記事執筆やコンサルティング業務も行う。年に数回海外旅行に行った際には、現地のジュエリーショップや博物館をチェックするのが楽しみ。好きな宝石はカラーダイヤモンド。